2016年12月9日金曜日

引き戸が当たる。

2016/12/9(木) 天気 晴れ 寒い日でした。

壁ーボードの施工の前に。
先日、水道屋さんが来たときに
タオルハンガーやトイレットペーパーホルダーの
位置を出していきました。
その部分には壁紙を貼ったあとで
タオルハンガーやトイレットペーパーホルダーが付きます。
ボードはネジが効かないのでボードの下に木を付けておきます。
地球樹 M クロスー略してMクロス?を使えばいいのですが。)

洗面室にはタオルハンガーの位置が書いてあり
一生懸命にやりました。
家に帰り
オフロに入り
晩御飯をたべて
ヨガをして
寝て
朝4時には起きて
現場の事を考えました。

そういえば、タオルハンガーの下地は作ったな。
???
あの補強下壁の隣の開口部は引き戸
ということはタオルハンガーをつけると引き戸が当たる。


2016年12月8日木曜日

「罰(バチ)」が出た。

2016/12/7(水) 天気 晴れ
午後3時をすぎると寒くなりました。

鎌倉のリフォーム現場も後半に入って細かなところが多く
汗はかきません。

「罰(バチ)」が出た。
「身からで出たサビ。」
なのでしょう。

ドロボーに入られて、そのことさえ自分のせいだと
それほどに人の良い石田純一さん。
(某ラジオで言っていました。)
石田純一さんほど人が良くないのですが
「バチは当たるのではなく◯ンコやオ◯ッコと同じで出るんだよ。」
そう思っておあります。

そう思っていても日々の言動や行動が悪いのでしょう。

2016年12月7日水曜日

ウッドワン製システムキッチン。

2016/12/6(火) 天気 晴れ
午後3時をすぎるとぐんぐん寒くなりました。

順調にシステムキッチンも付きました。
これはウッドワン製です。

2016年12月6日火曜日

リフォーム現場。

2016/12/6(火)
リフォームを鎌倉でしています。
自分の住む建物もリフォーム中です。
すでに外壁は終わり足場も取れて、あとは防水だそうです。

システムキッチン 取り付けOK!

2016/12/5(月) 天気 晴れ
温かい日でした。
12月6日にはシステムキッチンの取り付け。
キッチン周りをバタバタと。

取り付けを出来る最小範囲での施工です。

2016年12月4日日曜日

職人「ヒカルさん」

2016/12/4(日)
今の現場では塗装屋さんも乗り込んで来ています。
外壁。室内の壁・天井の一部も塗装します。
塗装屋さんが乗り込んできてから
すでに1周間ほどは経っているので2階の室内は終わって
外部も下塗りはほぼ終わり終わりというところです。

塗装屋さん乗り込みの初日。
2人来ました。
ちょうど休憩中でしたのでその2人が来るのがわかりました。
1人は普通なのですが。
もう一人は体大きくて頭は坊主で・・・
なんか怖い。
ちょっと嫌かも。
怖い人は嫌いです。

休憩が終わって私は室内で施工。
塗装屋さんは外周と室内の確認。
2人の会話からわかったことは
普通の人より怖い人のほうが経験値と技術が高い。
後日わかったことは仕事に対して謙虚であることも。
普通の人がなんでも聞いています。
また怖い人は「ヒカルさん」というらしい。

私の脳内では「ヒカル」と言うと
西田ひかるさんしか出てきません。
しかし現場の「ヒカルさん」は年は私と同じくらいで
背も同じくらい
体格もよく、質量として私より大きい。
ギャップが有りすぎて・・・

数日後、その怖い人に声を掛けなければならないことが発生。
リフォーム屋さんの社長からの電話の取次です。
「すみません、ヒカルさんでいいですか。◯◯社長へ電話を。
番号は◯◯◯ー◯◯◯ー◯◯◯◯」です。

10時と午後3時の休憩時間は集まることもあります。
普通の塗装屋さんの方はよく話します。
「ヒカルさん」はあまり話しません。
しかしよく響く低音の声で丁寧な話し方をします。
私は少し安心。
相当安心。
私も誰かが話せばほとんど話しません。
恥ずかしながら
仕事が趣味みたいなもので話す内容が無いのでしょう。

今の時期、塗装屋さんも大忙しです。
ある日、休憩で「ヒカルさん」と二人になりました。
話す掛けてきます。
名字もわかりました。

私世代、名前で呼びあうのはどうも苦手です。

リフォーム屋さんの社長が屋上防水のことで
塗装屋さんが2人いるときに質問をしました。
普通の塗装屋さんは知っている事を話します。
「ヒカルさん」が
「メーカーの人を連れてきてどうすればいいか聞けばいいですよ」と。
技術も経験値もあるそういう人がスラッというのです。

シビレました!

無垢のフローリング貼りを考えた。反省も込めて。

2016年12月3日(土)
フローリング貼り始め。

無垢材です。
フローリングを貼る機械は持っていません。
全て手打ち7坪(14帖)のリビングキッチンを。
11月30日(木)の午後4時過ぎから貼りはじめてわかったのですが
手打ちではあまりに時間がかかりすぎる。
かといって機械を買う資金はなく。
ビス止めのほうが時間短縮になる。
手打ちではフロアー釘を玄翁で打つ、カシメで締めると2段階の工程。
ビス止めは1工程だけ。
貼り終わりの方は上記のような道具も必要になりました。
まあまあ綺麗に貼れたのではないでしょうか。
2枚ほどフローリングを貼るときに使ったスペーサーも写っています。

来週の火曜日ー6日には対面キッチンの組付けがあります。
そのための袖壁やカウンター部分になる壁を作成中です。

床はすでにフリーリングを貼ってあるので養生シートの上にダンボールを敷いて保護。

30日の施工終了直前から貼り出して終了が3日のお昼。
遅い!
無垢フローリングの1枚の大きさは1820x90x15(単位は全てミリ)。
1枚あたり6本のビスを使用します。
1畳あたり10枚使用で12帖なので120枚貼ったことになります。
ビスは7x120=840本使用。
1ケース420本入りのケースを3ケース購入ー420x3=1260本。
1260-840=420。
残りは1ケースのはずですがもっと使ったようです。

時間的には
11月30日ー1時間
12月1日ー雑用も入ったので7時間
12月2日ー電気の配線等の関係で10時までは他の事で6時間
12月3日ー3.5時間
合計 17.5時間ー1050分

ビス1本あたり840÷1050=0.8分ー48秒。
カットして道具の移動やら養生もしながらなのでこんなもんなのかなとも。

機械を使ったら1日ー8時間程度なのでしょうか?